2007.4.18〜4.20
年に一度あると言う「某お菓子会社」のキャンペーンに応募してくれた「365日鍋の人」のおかげで
今回は地元の飛行場から直通で韓国に行ける、しかもホテルは「ロッテ2泊」、だけど格安!と言う優待ツアーに参加することになりました。
このツアー、2年前にも「優待券が当たったから行く?」と「鍋の人」に誘われてたんだけど

その時は留守番もいるし2泊3日と言う短さもあって断念。
今回は一人になった気楽さもあり行くことにしました。
全部ひっくるめて飛行機の東京往復チケットより安いなんて不思議・・・

メンバーは仕事仲間の「ココちゃんのママ」「鍋の人」と彼女の同級生、と言う初めての友人達との海外旅行です。


能登方面から来る「鍋の人」の同級生とは今回初対面。
我が家の駐車場で初対面のご挨拶を済ませさあ出発!

「とりあえずお昼でも食べるべぇ」
と近くのファミレスに行って注文をした途端、家に充電中の携帯電話を忘れてきたことに気付いたどりまま、さっそく一人家にUターン。
最初からお決まりのバタバタになってしまいました。


このツアーは2ヵ月半ほどの期間に都合のいいときに日本中あちこちの飛行場から出発できる、と言うものだったので
そんなに大勢はいないだろうと思っていたら40人ほどの人たちがいてびっくり。
それに加えて韓国からの旅行ツアーの人たちもいて飛行機はほぼ満員でした。

今の渡航はかなりチェックが厳しい、と言うことで旅行社から液体200mlまでの手荷物はすべて透明の袋に入れるよう言われ
化粧水はもちろんファンデーションやリップクリームまで一まとめにしました。
結局面倒だ、と言うことでスーツケースは預けちゃったんだけど・・



飛行時間はたった2時間弱だけど食事も出るらしいと聞いていた。
で、離陸後すぐに配られた食事がこれ。
食事と言うにはちょっと寂しいかも・・

おにぎりは「マグロ?ヤキニク?」と聞かれました。
ヤキニクを頼んだけど甘辛いお肉が入ってました。
マグロはツナのキムチ味でそっちはかなり美味しかったらしい。。


「入国手続きはどこの言葉なんだろ?」
「『何しに来たの?』って聞かれたらなんて答えればいいの?」
「Sightseeingだよ」
「その前に『何しに来た?』が判らない。」
「挨拶は?」
などなど周りで聞いてたら呆れるような話をしているうちに無事仁川空港に到着しました。
6時過ぎに着いた空港は新しくて綺麗。
問題の入国手続きは何も聴かれることもなくあっという間に終了しました。






空港で待っていた日本語のできる係の女性に伴われてバスに乗りました。
バスが動き出した途端にガイドさんが「アジョシー!チャッカンマン!!」(おじさん、ちょっと(まって))
ドラマオタクのどりままが最初に聞いた韓国語。
どうやらあと二人足りないようでした。(どこにでもいるよね)

乗り遅れた二人のおばさんを探しに行ってやっとバスが出発。これからの 細かい説明を聞きます。。
空港からホテルまで1時間ほどかかって到着。
今夜の食事はどうしますか?と聞かれたので「近くでどこかいい所ありますか?」
と聞くと焼肉なら送迎をしてくれる店があるという。
食べ放題で値段も色々あるしオススメです、と言うので時間はすでに9時半を廻っていましたがとりあえずお願いしました。








お部屋。どりままはココちゃんのママと一緒です。窓の外はビル群






韓国旅行